カテゴリ:郷土料理( 2 )

「瀬戸内でよく食べられる、なんきん雑煮。」

かぼちゃが旬で、小豆とうどんも買ってあったので「なんきん雑煮」をつくりました。
瀬戸内の地方ではぜんざいをよくつくるのですが、
うどん・そうめん・団子を一緒に煮て食べたり
又はぜんざいをそれらにかけてご飯の代わりにしたりします。
「なんきん雑煮」は冬至に食べられる料理ですがマクロビアンにもお勧め!
f0006980_229054.jpg

かぼちゃが入るとボリュームが出るし甘くて美味しいですよ(*^_^*)。
[PR]
by morningtea-london | 2006-08-03 22:02 | 郷土料理 | Comments(0)

「昨日の、冬至の夕ご飯です。」

昨日は冬至でしたね。一年で一番昼間の時間が短かかったみたいです。
柚子湯に浸かりましたか?かぼちゃは食べられましたか?

我が家では「なんきん雑煮」を作りました。
f0006980_21151045.jpg

これは瀬戸内地方ではなんきん料理の代表であり、ご飯の代わりにしたり又冬至には必ず食べるものとされています。お盆にはお供え物にもするお料理です。
材料はなんきん・小豆(またはささげ)・小麦粉だんご(または白玉だんご)・干しうどんか干しそうめんです。
出来上がりはメリケン粉が溶け出し、相当どろっとした濃いぜんざい状のものになります。
甘みは塩で引き出すだけ。でもとっても甘いし、お菓子に手が伸びなくなりますよ!

マクロビオティックでは甘いものを食べたくなるのは、低血糖のせいであると言われます。
そんなときは小豆かぼちゃを毎食小さい茶碗一杯食べるとよいと言われていますが、「なんきん雑煮」でもいいと思います。何だか心が落ち着きますよ(*^_^*)。

そのほかの献立は「あみと大根の煮物」「稲荷寿司」「野菜炒め・ベジタリアンミートボールのせ」です。
「あみと大根の煮物」と
f0006980_21322197.jpg

「稲荷寿司」
f0006980_21325318.jpg

です。
「あみ」とは晩秋~冬にかけて瀬戸内の海で獲れる小さなえびのことです。
これも郷土料理になります。なぜか大根と一緒に炊くと大根がやわらかく煮上がり、あみのだしとよく出合います。
全体的にはこんな感じです(「なんきん雑煮」以外は2人分です)。
f0006980_2133201.jpg


明日の朝のお天気は 晴れです。年末まで風邪をひかない様暖かくしましょうね!
[PR]
by morningtea-london | 2005-12-23 21:40 | 郷土料理 | Comments(4)

マクロビオティックchicに、日々こつこつとFoodforThoughtしてます。近ごろは自由な食生活に回帰することも。。


by morningtea-london
プロフィールを見る
画像一覧